医療法人 博仁会
宮之城病院


「鹿児島県指定精神病院」
 
HOME 当院のご案内 医師のご紹介 交通アクセス 関連施設等 認知症疾患医療センター

     

  関連施設


 ● 重度認知症ディケア"こころ"
(パンフレット.pdf)
 デイケアの目的
  宮之城病院は平成8年11月に認知症疾患センターが認可され、認知症の方々の相談、治療に携わってまいりました。
この中で、特に認知症患者の精神状態や問題行動の認められる老人に対しての専門的なデイケアの必要性が急務と
考えられたため、今回センターの一つとして、上記デイケアを開設させていただきました。その目的は、在宅の認知症患
者の方やその家族に対する支援、通院医療の普及、ダイヤ病棟(認知症治療病棟)(平成13年3月開設)から退院した方
の継続的医学管理の確保と退院の円滑化を図ることにあります。

  内容
 当センターは地域に開かれた施設として、精神症状や問題行動が激しい認知症の方を対象とし、生活機能を回復
させるための訓練及び指導、家族に対する介護指導等を行う施設です。具体的には次のことを実践し目標と致します。
     ・身体機能の維持及び改善
     ・認知症の進行防止及び改善
     ・生活習慣を身につける
     ・趣味の拡大
     ・家族に対する病状説明と問題解決の指導相談

 施設・送迎
 送迎は送迎車を使用し当病院スタッフとデイケアセンター職員が同乗致します。身体障害者対応の送迎車を
使用しておりますので、乗り降りが不自由な方でも楽に乗降出来ます。利用者の生活機能回復のため、ひろびろとし
たレクリエーションルームや舞台、映画鑑賞も可能な大型スクリーンや畳の部屋の訓練室を備え、身体機能回復訓練
のためのリハビリ機器もあります。また、外には植物を植える花壇も設けてあります。

 スタッフ
 医療・リハビリ・生活サービスを適切に提供するため、医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士・栄養士等が配置
されています。

 デイケアプログラム
    午前
     ・ご自宅への送迎開始
     ・健康チェック(血圧、体温、脈拍測定等)
     ・朝の会
     ・集団リハビリテーション
     ・診察

     12
00 昼食・休憩

   
午後
      ・レクリエーション
      ・ADL訓練
      ・ご自宅への送迎開始

 医療費
      ・医療保険各法、老人保健法等に基づいております。詳細は担当者からご説明いたします。
      ・生活保護法等公費負担適応の方は無料です。
      ・医療費は毎日若しくは、まとめて月末〆切で翌月5日までにお支払い下さい

 申し込み
      ・事務室で受け付けます。
      ・ご本人の印鑑と健康保険証、70歳以上の方は老人保健法による医療受給者証もご持参ください。
      ・デイケア開始前に自宅の方へスタッフがお伺いいたします。

 必要品
      上履き(スリッパは危険です)、訓練パンツ(ご使用の方)、着替え、昼のお薬、連絡帳(当センターで準備いたします)

       ※連絡帳はセンターでの利用者の様子や、昼食の摂取状態などをスタッフが記入し送迎の際にご家族へお渡
         しするものです。

 お願い
       デイケアでの治療活動以外は家庭で過ごされますので、ご家族の理解とご協力をお願いいたします。
       「利用してみようかなあ」とお考えの方や、そのご家族の方、いつでもご相談にスタッフが応じます。
       気軽に見学においでください。詳しくは事務室にお問い合わせください
 
 ● 精神科ディケア(小規模)
(パンフレット.pdf)
 
 デイケアは、退院したが調子が良くない、働きたいが自信がない、日常生活が不規則になっている、人との関係がうま
くいかないなどの、精神的な不安や悩みを持つ人達を対象に、個人や集団での活動や話し合いを通じて精神的な安定を
図り、社会での生活を維持していけるように援助していくものです

 病院内のデイケア専用施設を利用し、精神科医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士など専門の職員が担当します
 
 1.通所について
     (1) 通所は1日6時間です。(午前930分~午後330)
      (2) ショートケアは3時間以上(食事なし)
      (3) 通所期間は、6ヶ月を設定しますが個人により異なります。(6ヶ月以上来所・連絡ない場合は退所となります。)
      (4) 通所日は、主治医との話し合いにより決定します。
      (5) 参加時は、まず外来受付でデイケア参加カードを受け取り、参加の意志を報告してください。
      (6) 参加料金は、外来受付でお支払いください。
 
 2.  1日のスケジュール
       9:30                  10:00         11:30            12:00         
      ミーティング・体温・血圧測定   活動         昼食準備          昼食・昼休み・診察

      13:30                 15:00          15:30    
      活動                  掃除・ミーティング  終了
 
 3. 費用について

     (1)健康保険・自立支援医療費をご利用できます。(食事代は含まれていません)

     ◎自立支援医療費による支払い (課税状況別の月額負担限度額は個人により異なります)

           デイケア(再診料込み)   660円 (ご利用1年以内は710円)
           ショートケア(再診料込み) 340円 (ご利用1年以内は360円)

         ◎生活保護 無料
 
     2) 活動によっては、材料費等を実費でいただくことがあります。

 
 4. その他
       動きやすい服装でご参加ください。コップ・室内用のスリッパを持ってきて下さい。
 
 ● グループホームあかね寮 (共同生活援助)
(パンフレット.pdf)
 
  内容
  夜間や休日、共同生活を行う住居で、食事その他の日常生活上の相談支援が利用できます。(サービス管理責任者、
世話人が配置されています。)
 
  定員
  4名 (介護が必要でない知的障害者、精神障害者の方)
 
  申し込み
  事務所で受け付けます
 
  利用者負担
  原則1割負担です。食事などを含めた個人負担の減免があります。
 
 
● 相談支援事業所 「つらなり」
 
 内容
  精神障害者、精神障害児およびその家族(以下「精神障害者等」という)からの相談に応じ、必要な情報の提供等の便宜を供することや、権利擁護のために必要な援助を行なうことにより、精神障害者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように援助します。

 (1) 障害福祉サービス等の利用援助(情報提供、相談等)に関する業務
 (2) 社会資源を活用するための支援(各種支援施策に関する助言、指導等)に関する業務
 (3) 社会生活力を高めるための支援に関する業務
 (4) ピアカウンセリングに関する業務
 (5) 権利擁護のために必要な援助に関する業務
 (6) 専門機関の紹介に関する業務
 (7) その他精神障害者等の相談支援に関する業務
 (8) 不動産業者に対する物件斡旋依頼及び家主等との入居契約手続支援に関する業務
 (9) 利用者の生活上の課題に対し、緊急に対応が必要となる相談支援及び関係機関との連絡調整等に関する業務
 
  利用できる人
  (1) さつま町に住所がある方で精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人
 (2) その他町長が特に必要と認めた人
 
  申し込み
 相談支援事業所に直接来られるか、電話などで受け付けます
 
  利用者負担
 個人負担はありません
 
  利用時間
  (1) 営業日  月曜日から金曜日まで。ただし、祝祭日及び1228日~15日を除きます。
 
(2) 営業時間 午前8時から午後5時まで
 
  福祉ホーム 「アンジェリカ」
 (パンフレット.pdf)
  内容
  家庭環境や住宅事情などの理由で家族との同居や住宅確保の難しい精神障害者の方が共同生活の場で、低料金で 居室を利用します。 また、管理人による健康管理など生活上の相談支援や援助、家族や関係機関などとの連絡調整などの支援を利用できます。
 
  利用できる人
 家庭環境や住宅事情などで居宅での生活が困難な精神障害者の方(日常生活の介護を必要とする人は対象外となります)
 
  申し込み
 事務所で受け付けます
 
  利用者負担
  費用の額(月額)  (1) 入居料   15,000円
           (2) 光熱水費   5,000円
           (3) 日用品費  実費相当額
           (4) 食費    実費相当額
 

Copyright © 2010-2017 医療法人 博仁会 宮之城病院 All Rights Reserved.