医療法人 博仁会
宮之城病院


「鹿児島県指定精神病院」
 
HOME 当院のご案内 医師のご紹介 交通アクセス 関連施設等 認知症疾患医療センター

 医師のご紹介



 新門弘人 病院長
  ご挨拶

最近の精神科領域の患者は多く、統合失調症、うつ病、人格障害、適応障害、神経症、認知症を はじめいろいろな病名を雑誌やマスコミでも目にするようになりました。各病気の症状は違いま すが、精神科疾患の根本は”人のこころ”にあります。その”こころ”の病気を治療する役割をも つ精神科病院に求められているものをハード面からみますと、高次なアメニティ(快適さ)と集約 された治療機能になると思います。
 特に当地域は高齢化と共に、認知症の患者さんの増加は深刻な問題になっており、また患者 さんに関係するご家族も介護の不安や経済的な不安等でうつ病を発症されたり、大変なストレス 状況になっております。今後、まだまだ日本の高齢化率は上昇していくと考えられていますがそ れに伴っ て認知症、うつ病の患者さんに増加は疑いようがありません。そのような中で宮之城 病院は社会のニーズに沿えるような病院づくりに着手し、(ⅰ)高齢者の治療に対応できるよう な環境づくりや(ⅱ)心身共に休養ができる環境としてのリラックス病室等を準備いたしました。  緑が多く、温泉を利用した自然の中でしっかり治療を施し、心身共に健康になっていただくめ に宮之城病院スタッフ全員でお手伝いをさせていただく所存でございます。そして”愛情と幸せ に出会える病院づくり”を目標に、満足のいく医療を提供させていただきますので、今後とも皆様 のご支援ご鞭撻を賜りたくよろしくお願いいたします。


© 2010 医療法人 博仁会 宮之城病院